ニコンからの回答:200-500mmF5.6のフォーカスリングについて

ニコンのAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRをレンタルしてハイスピード動画撮影で試してみたところ,フォーカスリングがあまりにも残念だったので,ニコンに問い合わせてみました.その回答を紹介します.

ニコンからD5とD500

ニコンからFXとDXのフラッグシップ機が登場です.DX機は2009年発売のD300s以来7年振りということで,待ちくたびれて他機種に流れていた人達も多いことでしょうね.どちらも画素数控えめの20MPです.DXはともかくFXでこの画素数だとディテール重視の人には物足りないと思いますが,報道用高感度カメラ(D5の拡張高感度はISO3280000)ということですからやむを得ないのでしょう.連写速度も無難なところで,D5が秒12コマ(ミラーアップで秒14コマ),D500が秒10コマです.ニコン機ですからクロップ機能がつきますが,クロップしても連写は速くなりませんからメリットは限られます.また,D500は光学ローパスフィルターレス仕様とのことです.気になる機能としては,ミラー駆動機構の改善でファインダー像消失時間が短縮されているそうです.これは覗いて確かめてみたいですね.

ニコンから200-500mmズームレンズ

Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR特許だけかと思っていましたが,本当に出てきましたね.レンズ構成を見ると,タムロンと共同出願していたものによく似ています.重量も三脚座込みで約2300g,三脚座を外すと約2090gですから,手持ち撮影用にもってこいです.フォーカスリングが手前寄りなのがMF撮影派には厳しいですが,ま,普通にAF主体の撮影を想定しているのでしょうね.希望小売り価格が189,000円(税抜 175,000円)ということで一気に普及させるつもりなのでしょう,コストを抑えるためなのか,コーティングが省略されていたり,最大撮影倍率がやや物足りなかったりしますが,実用性は十分高そうですね.

ニコンから新型ゴーヨン・ロクヨン

ニコンの超望遠レンズ群もようやく軽量化完了ですね.ゴーヨンが旧型3,880g→新型3,090g,ロクヨンが旧型5,060g→新型3,810gに軽量化され,なんと新型ロクヨンは旧型ゴーヨンより軽くなりました.いずれもキヤノンレンズ(ゴーヨン3,190g,ロクヨン3,920g)より100gほど軽いです.レンズの解像力もそれぞれアップし,新型ゴーヨンではMTF曲線が像高17mmぐらいの位置までほぼ完璧なぐらい上に張り付いています.三脚座が少しゴツくなったように見えますが,これは剛性アップに加えてハンドルとして持ちやすくするためでしょうかね.ロクヨンだけ取り残されていた三脚座取り付け位置もフォーカスリング手前になりました.また,新型と旧型を良く見比べると,ゴーヨンはフォーカスリング及びフォーカス作動ボタンの位置が少し手前寄りに移動し,手持ち撮影時の負担軽減にも配慮されているようです.キヤノン製とはかなり位置が違いますから,手持ち撮影前提でゴーヨンを選ぶとしたら,ニコンの新型がベストのように見えますね.

ニコンならやるかもしれないと期待していた専用テレコンは今回はありませんでした.現在あるようなコストを抑えた汎用テレコンの他に,画質をとことん追求した専用テレコンも是非作って欲しいですね.

COOLPIX P900

コンデジもここまで来てしまいましたね.テレ端が換算2000mm相当の1600万画素機の登場です.連写は秒7コマありますから大抵の飛翔シーンも撮れるはずです.実売価格75,000円ということで,EVF等の機能的な制限は色々ありますが,野鳥撮影をこれから始める人(ただし,目が若い人に限る)には勧めやすいかもしれません.

ニコン新型サンヨン登場!

Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRニコンのサンヨンがリニューアルです.なんと驚きの755gの軽さ! 全長も147.5mmと旧型222.5mmから75mmも短くなっています.こんなに小さくしてしまって大丈夫なんでしょうか?! 小ささの秘密は位相フレネル(PF, Phase Fresnel)レンズだそうです.位相フレネルレンズはキヤノンのDOレンズのような回折光学素子で,かつてフロントテレコン(TC-E3PF)で採用したことがありますが,いよいよニコンも交換レンズに採用してきましたね.サンニッパの半分の重さのヨンヨンPFとかも期待出来るかもしれません.MTF特性図を旧型と比較してみると,中心部の解像力アップが凄まじく,天井に張り付いています.早く作例を見てみたいですね.

ニコンの超望遠レンズも軽量化開始

ニコンから大幅に軽量化された新型ヨンニッパ AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR が発表されましたね.ゴーヨン,ロクヨンもこれに続くことでしょう.約3,800gということで現行型ゴーヨンVRやキヤノン製ヨンニッパよりもちょっぴり軽いです.感心したのは,三脚座もマウント寄りに移動したことです.ニコンのヨンニッパとロクヨンは昔から三脚座がレンズ鏡筒先端寄りについていて,個人的にはこれがもひとつだと思っていました.ハチゴロー同様に最適化された専用テレコンもつけば言うことなしでしたが,そちらはまだお預けのようです.

Nikon 1 V3

Nikon 1 V3 Nikon 1 Vシリーズとして新製品V3が発表されました.EVFが専用外付け仕様になった他,操作ボタン付きの外付け大型グリップが別売されます.V2と同等の使用感を得るためには大幅価格アップを許容しなければならないようで,正直なところ,かなりがっかりしました...


Nikon MONARCH Fieldscope

Nikon MONARCH Fieldscope with Digiscoping Attachmentニコンからもモジュール式に対物レンズユニットとプリズムユニットに分解出来るフィールドスコープが出るようです.対物レンズユニットにデジスコーピング・アタッチメントを付けることでFマウント又はNikon 1マウントのマニュアルレンズとして使用出来ます.新機構のフォーカスリングを採用して,粗動・微動が自動変速されるようで,いったいどんな使い心地なのか興味津々です.

追記(2015/05):ニコンUSAのサイトからこの商品の情報がいつのまにかニュース以外削除されていました.将来的可能性を感じていただけにちょっと残念ですね...画像やPDFを含め,リンク切れになってしまいました.個人的にはダウンロード済みですが,勝手に転載するわけにもいきませんからそのままです.

専用テレコン付き新型超望遠レンズ

ニコンから新型レンズ AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VRが発表されましたが,まーたまげましたね.MTF曲線が上に張り付いてしまい,なんだか良く分からなくなっています.ニコン渾身のレンズ設計なのでしょう.解像力の目安になる空間周波数30本/mmのラインは40本/mm以上に上げてくれた方が見やすそうですね.価格も凄いことになっていますが,おそらく価格など気にしないで設計させてもらえたのかもしれませんね.レンズ鏡筒の軽量化も順調の様子で同じ口径のヨンニッパVRより僅かですが軽くなっています.これならニコンの次期超望遠レンズ群もキヤノン同様の大幅な軽量化が達成出来るでしょう.

ニコン:プレスリリース
ニコン:製品情報
デジカメWatch記事