ニコンからの回答:200-500mmF5.6のフォーカスリングについて

ニコンのAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRをレンタルしてハイスピード動画撮影で試してみたところ,フォーカスリングがあまりにも残念だったので,ニコンに問い合わせてみました.その回答を紹介します.

手持ち撮影用フォローフォーカス (4):実践編 (動画)

ニコン200-500mmF5.6+FS700にノブ型フォローフォーカスをつけてのハイスピード動画撮影です.本当は別記事で紹介したニコンFレンズをEマウントカメラに接続するスマートアダプター(AF・絞り・VR対応)のテストを兼ねる予定でしたが出荷が延期になり,絞り開放のみでの撮影テストになりました.製作編の追記でも書きましたように,このレンズはフォーカスリングの回転が軽いだけでなく,遊びが非常に大きいということで,動画撮影に使えるのか心配でしたが,どうにか使えました.ただし,緊迫した状況でピントを前後に動かすような場合,遊びの大きさを体で覚えていないため失敗することが良くありました.ハイスピード動画撮影では一瞬の遅れが命取りになりかねないので,フォーカスリングの遊びが大きいレンズはやはり厳しいようです.しかし,このレンズは写りが良いだけでなく,とても軽いので,FS700のような大きいカメラと組み合わせるのは楽でした.ちなみに,実際に撮影に使う状態でのカメラ+レンズ+EVF+etcの総重量は7.85kgです.これは普段使っているAPO-TELYT-R 280mm F4 + 1.4xの場合と比較して400gしか重くありません.重心の位置が前方に結構ずれるので取り回しの勝手が違いますが,慣れでどうにか出来そうです.もし,メンテでフォーカスリングの遊びを極限まで無くせるのなら,動画撮影用のズームレンズとして最適な一本になるかもしれません.

ニコンから200-500mmズームレンズ

Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR特許だけかと思っていましたが,本当に出てきましたね.レンズ構成を見ると,タムロンと共同出願していたものによく似ています.重量も三脚座込みで約2300g,三脚座を外すと約2090gですから,手持ち撮影用にもってこいです.フォーカスリングが手前寄りなのがMF撮影派には厳しいですが,ま,普通にAF主体の撮影を想定しているのでしょうね.希望小売り価格が189,000円(税抜 175,000円)ということで一気に普及させるつもりなのでしょう,コストを抑えるためなのか,コーティングが省略されていたり,最大撮影倍率がやや物足りなかったりしますが,実用性は十分高そうですね.