ニコンFレンズ用のAF・絞り・VR対応マウントアダプター

カメラボディから他社製レンズをコントロール出来るマウントアダプター(いわゆるスマートアダプター)と言えば,これまではキヤノンEFレンズ用ばかりでしたが,ニコンFレンズ用もようやく登場です.中国のCommliteというメーカー製で対応カメラはソニーEマウントです.

アダプターの外観は,ニコンのFT1(ニコンFレンズをニコン1ボディで使うアダプター)にとてもよく似ています.もしかしたら,絞り駆動レバーの部分はFT1を参考にしているのかもしれませんね.メーカーサイトによると,絞り制御可能なレンズは,”EMD and Pull Rod Aperture Lens”とあって,EMDというのはElectromagnetic Diaphragm(電磁絞り)のことだと思いますから,Eタイプレンズにも対応するようです.AFに関しては過剰な期待は禁物ですが,YouTubeにアップされているデモを見ると,そこそこ使えそうですね.プレオーダーはeBayで受け付けています(追記:初期受付分[29+76個]は既に終了した模様).

Aputure Smart Lens Adapter Controller

EFレンズをEマウントやMFTマウントのボディに取り付けるマウントアダプターでとても便利そうなものがAputureから出て来るようです.ワイヤレスで絞りとフォーカスを制御出来て,しかもコントローラーがグリップの形状になっているので動画撮影用として使いやすそうです.グリップの親指側ダイヤルでフォーカス,人差し指側ダイヤルで絞りが制御出来ます.飛翔撮影用としてフォーカス制御が使いものになるかどうかは分かりませんが,大型ビデオカメラでもカメラを構えたまま絞り制御したい人にはもってこいですね.

Metabones Speed Booster

Conurus(Metabonesスマートアダプターの開発元)が昨年11月にツイートして以来,どんなのが出て来るか楽しみにしていましたが,やっと発表になりました.レデューサー(ワイコン)内蔵のマウントアダプターです.厚みに余裕があるミラーレスカメラ用マウントアダプターだからこそ出来ることですね.仕様は,0.71倍,対応レンズの開放F値は1.26以上,レンズ構成4群4枚,対応レンズマウントはキヤノンEF(AE, AF, IS対応), ニコンF(Gタイプを含めマニュアル絞り対応)など,対応カメラはソニーNEX(APS-C), MFTなどです.White Paperが素人向けに詳しく書いてあって,MTFも具体的なレンズで載っていますが,NEX用よりMFT用の方が画質が良さそうです.周辺部の歪曲収差が若干気になりますが,中央部ではMTFがぐいっと上がります.レデューサーですから広角から標準画角のレンズが主なターゲットになりますが,ヨンニッパにつけて280mmF2にして使うとどんな薄ピンになるのか興味津々です(35mmフルサイズのカメラにヨンニッパをつけたようなものですけどね).

Metabones News Release
Speed Booster White Paper (PDF)
Philip Bloom Blog

EFレンズの絞り外部制御

右手の状態が芳しくなくあまり撮影出来ないので,機材工作ネタをお届けします.

LiveLens改造 EFレンズ(シネマレンズを除く)は電磁絞り採用で絞り環を持たないため,他社製カメラボディでマウントアダプターを介して使用する際,絞り制御をどうするか問題になります.現在のところ,Eマウントボディ(SONY NEXシリーズ)については,Metabones社製等のマウントアダプターを使ってボディから直接絞り制御が可能で自動露出にも対応していて(写真撮影時のAF対応へもアップグレード可),私もNEX-FS700で使用しています.カメラ本体の制御ボタン類からではなく,カメラ外部から絞りを制御するためのコントローラーもいくつか出ていますが,これらは主に動画撮影用途の製品です.今回紹介するのはそのうちのひとつ,Redrock Micro社製の絞りコントローラー”LiveLens Active Lens Mounts” (以下LiveLensと略す)です.LiveLensは絞り制御のみに特化していてIS・フォーカスプリセット・電子フォーカスリング等には非対応ですが,コンパクトで,この手の動画撮影用品としては比較的安価なので手を出しやすいと思います.ただし,扱い難い面もあるので,簡単な改造をしてNikon 1マウントとEマウントで使えるようにしてみました.Nikon 1用はカメラ内露出計やフォーカスエイドに対応する電子接点付きです.

FT1 改め EFT1

EFT1(右)と抜け殻のFT1(左) ニコンFT1のパーツをEFレンズ用のニコン1マウントアダプターに移植して,フォーカスエイドやエレクトロニック(Hi)の超高速連写を使えるようにしました.ただ,ほとんどの内部パーツを移植しないといけなかったので,見た目がもひとつですね...(^_^;
FT1はたぶん F mount To 1 mount だと思いますので,この自作品は EF mount To 1 mount でEFT1と呼ぶことにしました.