手持ち撮影用フォローフォーカス (4):実践編 (動画)

ニコン200-500mmF5.6+FS700にノブ型フォローフォーカスをつけてのハイスピード動画撮影です.本当は別記事で紹介したニコンFレンズをEマウントカメラに接続するスマートアダプター(AF・絞り・VR対応)のテストを兼ねる予定でしたが出荷が延期になり,絞り開放のみでの撮影テストになりました.製作編の追記でも書きましたように,このレンズはフォーカスリングの回転が軽いだけでなく,遊びが非常に大きいということで,動画撮影に使えるのか心配でしたが,どうにか使えました.ただし,緊迫した状況でピントを前後に動かすような場合,遊びの大きさを体で覚えていないため失敗することが良くありました.ハイスピード動画撮影では一瞬の遅れが命取りになりかねないので,フォーカスリングの遊びが大きいレンズはやはり厳しいようです.しかし,このレンズは写りが良いだけでなく,とても軽いので,FS700のような大きいカメラと組み合わせるのは楽でした.ちなみに,実際に撮影に使う状態でのカメラ+レンズ+EVF+etcの総重量は7.85kgです.これは普段使っているAPO-TELYT-R 280mm F4 + 1.4xの場合と比較して400gしか重くありません.重心の位置が前方に結構ずれるので取り回しの勝手が違いますが,慣れでどうにか出来そうです.もし,メンテでフォーカスリングの遊びを極限まで無くせるのなら,動画撮影用のズームレンズとして最適な一本になるかもしれません.

7D Mark II 試し撮り その2

正月早々ドカ雪で撮影どころではないですね.雪かきして力尽きてしまったので,レンタル中の7D Mark IIの記事の続きです.

去り行く 2014

年末恒例去り行くシーン(後ろ姿)特集です.今年撮影して捨てずに残してあったRAWファイルを漁ってみたところ,昨年に比べるとネタの数が結構増えていました.ま,後ろ姿でも諦めずにこの日のために一応撮っておいたようなものですが,それをご覧頂いて今年の締めにしたいと思います.

シジュウカラ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/4000s, f/4.0, ISO800; トリミング(4896x3264→1899x1266) まず1枚目は,4月に紹介したシジュウカラの空中戦を撮影した日からです.飛び出し後のような姿勢をしていますが,実は右下の離れた位置にもう一羽いて,オス二羽が互いに距離を保ちながら威嚇牽制し合っている最中なのです.シジュウカラは威嚇牽制し合う間,お互い目を合わせないということをこの日初めて知りました.



トビの魚とり

トビ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; AF, ME: 1/3200s, f/4.0, ISO500; トリミング(4896x3264→2232x1488)トビが大きな魚をとるシーンが撮れました.もちろん魚は水面に浮いていたものですが,これだけ大きな魚を掴んで無事に運べたのを見たのは初めてです.トビは大きい魚にチャレンジしても途中で落としてしまうことが多いですからね.



若鷹

オオタカ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; AF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2448x1632)河原探索で中州の反対側の様子を見に行った帰り,葦の隙間から若鷹が川の中程に居たダイサギの周囲でホバりながら襲うような素振りをしているのが見えました.発見してから3回ダイサギの首を掴もうとしましたが,ダイサギは軽くサイドステップでかわして相手にしません.その間,私はうまく撮れそうな隙間を探していましたが,カメラを構えた時には若鷹はもう諦めてしまい,どうにか撮れたのは対岸の林に向うシーンです.