手持ち撮影用フォローフォーカス (4):実践編 (動画)

ニコン200-500mmF5.6+FS700にノブ型フォローフォーカスをつけてのハイスピード動画撮影です.本当は別記事で紹介したニコンFレンズをEマウントカメラに接続するスマートアダプター(AF・絞り・VR対応)のテストを兼ねる予定でしたが出荷が延期になり,絞り開放のみでの撮影テストになりました.製作編の追記でも書きましたように,このレンズはフォーカスリングの回転が軽いだけでなく,遊びが非常に大きいということで,動画撮影に使えるのか心配でしたが,どうにか使えました.ただし,緊迫した状況でピントを前後に動かすような場合,遊びの大きさを体で覚えていないため失敗することが良くありました.ハイスピード動画撮影では一瞬の遅れが命取りになりかねないので,フォーカスリングの遊びが大きいレンズはやはり厳しいようです.しかし,このレンズは写りが良いだけでなく,とても軽いので,FS700のような大きいカメラと組み合わせるのは楽でした.ちなみに,実際に撮影に使う状態でのカメラ+レンズ+EVF+etcの総重量は7.85kgです.これは普段使っているAPO-TELYT-R 280mm F4 + 1.4xの場合と比較して400gしか重くありません.重心の位置が前方に結構ずれるので取り回しの勝手が違いますが,慣れでどうにか出来そうです.もし,メンテでフォーカスリングの遊びを極限まで無くせるのなら,動画撮影用のズームレンズとして最適な一本になるかもしれません.

シジュウカラ

シジュウカラ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/4000s, f/5.6, ISO800; トリミング(4896x3264→3285x2190) 暖かくなり一段と活発に動き回るようになったシジュウカラです.オス同士の勢力争いのためか狭い範囲に滞在している時間が長くなるので撮影しやすいですね.最初の画像はオスの飛びつきシーンですが,枝の上の方に居るもう一羽のオスを威圧するために来たようです.




去り行く 2014

年末恒例去り行くシーン(後ろ姿)特集です.今年撮影して捨てずに残してあったRAWファイルを漁ってみたところ,昨年に比べるとネタの数が結構増えていました.ま,後ろ姿でも諦めずにこの日のために一応撮っておいたようなものですが,それをご覧頂いて今年の締めにしたいと思います.

シジュウカラ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/4000s, f/4.0, ISO800; トリミング(4896x3264→1899x1266) まず1枚目は,4月に紹介したシジュウカラの空中戦を撮影した日からです.飛び出し後のような姿勢をしていますが,実は右下の離れた位置にもう一羽いて,オス二羽が互いに距離を保ちながら威嚇牽制し合っている最中なのです.シジュウカラは威嚇牽制し合う間,お互い目を合わせないということをこの日初めて知りました.



シジュウカラのホバ合戦 続き

シジュウカラ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/4000s, f/4.0, ISO640; トリミング(4896x3264→2898x1932) ホバ合戦の終盤,上下の位置関係はそのままに左右が入れ替わった状態です.下のコが背面飛行気味になり,また取っ組み合いが再開しそうな雰囲気になりました.






シジュウカラのホバ合戦

シジュウカラ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/4000s, f/4.0, ISO640; トリミング(4896x3264→3264x2176) 前記事の空中戦からしばらくすると,次はホバ合戦が始まりました.幹に留まっていた右下のコのそばに左上のコがやって来てホバを始めると右下のコも続きます.こんなシーンを見かけたのは初めてでした.





シジュウカラの空中戦

シジュウカラ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/4000s, f/4.0, ISO800; トリミング(4896x3264→2232x1488) 毎年幾度も見かけるシジュウカラの空中戦がやっと撮れました.大抵は木の枝から飛び出してやりますが,今年はツグミのように地面から飛び上がって取っ組み合うシーンが見られました.





小鳥達の飛びもの

春らしい暖かさになってきて小鳥達もにぎやかになってきましたね.半日で撮影出来た身近な小鳥達のハイスピード動画集をお届けします.小鳥撮影は難しいのでせめて3日間ぐらいは撮りためてからまとめたいところでした.

シジュウカラの飛び移り

シジュウカラ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/4000s, f/4.0, ISO500; トリミング(4896x3264→2232x1488) シジュウカラが枝から枝へ飛び移るシーンです.翼を開いている瞬間がなかなか撮れずに難儀しますが,それもそのはず,ピントが合っている周囲の小枝を見るといかに狭い隙間を通り抜けて行くのかがわかります.悠長に羽ばたいていては枝に引っかかってしまいますね.




V1でハイスピードムービー 2

画面が狭くてもやっぱり面白いのでこればかりになりそうです.(^o^)