水面飛翔

カワセミ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/4.0, ISO400; トリミング(4896x3264→2682x1788) このところの猛暑で河原の気温も高いですが,川の水温は約24度です.水面に入って撮影していると,日向でもそよ風が吹けば本当に気持ち良く,気が緩むとついうとうとしてしまうほどです.画像はカワセミが川面を飛んで行くシーンです.水面の様子から分かる通り,これはほとんど風がない時間帯で,少し蒸し暑かったです.ほとんど鳴かずに飛んで来るので気がつくのが遅れるとすぐ後ろ姿になってしまいます.

イワツバメ 撮影6週目

今週はレンタルしたEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの試し撮りです.当初の予定では新型ヨンヨンDOを試すつもりでしたが,まだレンタル屋さんに入荷していませんでした.そこで,テレ端の写りが良くなったということで気になっていた新型100-400mmをレンタルしてみました.このレンズは写真撮影より動画撮影にどうかなと思っていて,初日は写真,二日目に動画のつもりでしたが,いざ写真をMFで撮ってみると,想像以上にフォーカスリングが使い難く,動画は諦めて二日とも写真撮影になりました.掲載画像はすべてテレ端での手持ち撮影です.なお,返却のために梱包したときになって初めてプロテクトフィルターがついていたことに気づきました.保険が強制なんですから,こんなのつけないで欲しいですね.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM; MF, ME: 400mm, 1/3200s, f/5.6, ISO1000; トリミング(4896x3264→1899x1266)それでは,取りあえず一枚目は,虫をくわえて運んでいるシーンです.雛が順調に孵り始めたようです.この春は異様に暖かい日が続きましたが,鳥達のスケジュールは変更なしのようですね.このレンズは評判通りで,ピントが合えばそれなりに写ります.しかし,ここまで来るのにかなり手こずりました.




カワセミ:水面ローアングル

またカワセミをローアングルで撮ってきました.(^o^)

初対面のカワセミ

カワセミ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/2500s, f/4.0, ISO800; トリミング(4896x3264→3099x2066)砂利河原でセキレイを待っているとカワセミがやって来ていきなりホバりました.(^o^)

待機していた場所が砂利河原の一番端だったのが功を奏したようです.崖が崩れたような場所で崖上にあった竹薮の一部が下にずり落ちていて,その竹の枝がいい留まり木になるようですね.

FS700でカワセミ

去年の夏は大雨で河原が悲惨な状況でしたが,それに比べると今年はコンディション自体は非常に良いです.いつも撮影支度をする前,まだうす暗い時間帯に30分ほど川を下見して回るのですが,ここにカワセミが来ればさぞいい絵が撮れるだろうなぁというポイントはいくつもあります.しかし,そう簡単に行かないのが野鳥撮影.動画は写真以上に厳しい感じがします.とにかく,いいシーンを沢山見られる機会がないといいものは撮れませんね.