イワツバメ 双眼アングルファインダーで近距離撮影

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/4000s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→3462x2308) 虫運びシーンですが,瞬膜が少し出ているようです.虫の翅の先端部分をくわえているので暴れたのかもしれませんね.これぐらい大きな虫を運んでいると肉眼でもすぐ気がつくので,かなり焦ります.今期は雛が孵る時期が若干早かったようです.




イワツバメ 水面ローアングル

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→3462x2308) 大好きな水面ローアングル撮影です.しかし,水面が広くなって,水面シーンの撮影は難しくなりました.ポイントを絞るのが難しいのは当然のこと,川底が全体に均されたので水深が浅くなり,低く構えるのも一苦労です.もちろん,両眼視撮影用に自作した双眼アングルファインダー使用ですが,浅過ぎる水深のために無風時でも常に波立つようになった影響で,激低位置感も多少見劣りするようになったかもしれません.