イワツバメ 水面ローアングル

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→3462x2308) 大好きな水面ローアングル撮影です.しかし,水面が広くなって,水面シーンの撮影は難しくなりました.ポイントを絞るのが難しいのは当然のこと,川底が全体に均されたので水深が浅くなり,低く構えるのも一苦労です.もちろん,両眼視撮影用に自作した双眼アングルファインダー使用ですが,浅過ぎる水深のために無風時でも常に波立つようになった影響で,激低位置感も多少見劣りするようになったかもしれません.

水浴び後の飛び出しシーン.葦の茂みをバックにして撮れる唯一の場所での貴重な順光です.まだ枯れ葦ばかりですが,そのうち緑になるでしょう.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2448x1632)
上の続き.表情が険しく必死感が伝わってきますね.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2448x1632)
複数入れて構図をなんとかまとめようとすると背景選びが大変ですが,時間帯が良いと護岸が日陰で暗くなるのでどうにか見られます.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→3795x2530)
逆光の方がチャンスは多いですが,距離を詰める難しさは変わりません.これも暗いバックは護岸です.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2682x1788)
次は,逆光の水面飛び出し3連写です.1枚目だけ辛うじて目が出ました.所々に取り残されていた葦の地下茎から葉が伸び始めています.水深が浅い分,以前よりもっと広範囲に葦が茂りそうな雰囲気があります.もしかしたら,広々水面は今期だけかもしれません.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2898x1932)
イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2898x1932)
イワツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2898x1932)
付近にはツバメとコシアカツバメも僅かに居るので時折水面に来ることがありますが,撮影チャンスは滅多にありません.背景の護岸は,日が当たるとちょっと煩いですね.

ツバメ; EOS-1D Mark IV, EF400mm F2.8 L IS II USM, EF1.4x III; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2448x163)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.