ニコンからD5とD500

ニコンからFXとDXのフラッグシップ機が登場です.DX機は2009年発売のD300s以来7年振りということで,待ちくたびれて他機種に流れていた人達も多いことでしょうね.どちらも画素数控えめの20MPです.DXはともかくFXでこの画素数だとディテール重視の人には物足りないと思いますが,報道用高感度カメラ(D5の拡張高感度はISO3280000)ということですからやむを得ないのでしょう.連写速度も無難なところで,D5が秒12コマ(ミラーアップで秒14コマ),D500が秒10コマです.ニコン機ですからクロップ機能がつきますが,クロップしても連写は速くなりませんからメリットは限られます.また,D500は光学ローパスフィルターレス仕様とのことです.気になる機能としては,ミラー駆動機構の改善でファインダー像消失時間が短縮されているそうです.これは覗いて確かめてみたいですね.

個人的なことですが,撮影経験が長くなるにつれて自分の撮影スタイルが固定されつつあって,カメラの形に対する不満が強くなってきています.メーカーは不特定多数の人が使うことを想定して,カメラの形は伝統的で無難であるものを維持せざるを得ないのかもしれません.しかし,フラッグシップであるのなら,個々のユーザーの特殊な使い方にもフィット出来るようなカスタマイズが可能であってもいいと思うのです.些末なことですが,ファインダーの位置や形状,ボディ左上の操作部,グリップの大きさと形状などが気になり出すと,撮影しづらくてたまらなく感じることも少なくありません.標準価格+10万ぐらいで好きな形に出来るようになるといいのですがね...それから,フルサイズ機の画素数が両極端に行き始めているように感じています.低画素高感度機か高画素低感度機か二者択一というのは厳しいです.個人的には,27〜28MPの秒10コマ機(読み出し速度的には十分可能)があれば飛びつきたいのですが,どこか出してくれませんかね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.