イワツバメ 撮影12週目

梅雨入りしてイワツバメの子育てシーズンもすっかり終盤になっていました.今年は5月に好天が続いたので,孵化後の成長もきっと非常に良かったのでしょうね.巣立ちから移動開始までの期間が例年より大分短くなっていたようです.今週まではまだたくさん幼鳥が居るだろう期待してましたが,見事に裏切られてしまいました.ま,そうは言っても,遅れて巣立った幼鳥がまだ5,6羽居たので集中的に狙って撮ってみました.今週は一ヶ月振りの写真撮影です.ただし,レンズは動画撮影でいつも使用しているAPO-TELYT-R 280mm F4です.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/400s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2898x1932)画像1枚目はSS遅めの1/400sです.梅雨の朝らしく暗かったので羽ブレを狙ってみました.ツバメ類は羽ばたきが遅いですが,それでも1/400だとちょっとブレ過ぎかもしれませんね.





全部で5,6羽しか幼鳥が居ないので,幼鳥ばかり狙って撮っていると同じコの画像がいくつも撮れることになります.2枚目はたぶん1枚目と同じコです.激しく前詰まりだったので縦トリしてみました.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/1000s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2066x3099)
3枚目は別のコで,動画で撮っていた前被りシーンを写真で撮り直してみましたが,ちょっと被り過ぎましたね.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/640s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→3948x2632)
4枚目はたぶん3枚目と同じコで,今度はバックの草の近くです.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/800s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2898x1932)
5枚目はまた別のコで,ちょうど目線の高さで滑空してくれました.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/1000s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→3285x2190)
6枚目は一応ノートリですが,5枚目と同じコのように見えます.違うかもしれません,

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; ノートリ
7枚目も同じコだと思います.バックにかなり近いですが,ピントが深いと,こういう距離が意外に難しいですね.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/2000s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2448x1632)
8枚目はまた別のコでしょうか.アングルが変わると識別も難しくなりますね.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/800s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2682x1788)
9枚目も別のコに見えますが,どうでしょう.これで5羽ということになりますが,1羽撮り損なったかもしれませんね.

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2448x1632)

最後は,成鳥の2連写で巣材運びシーンです.枯れ草をくわえたら蔓がついてきたようですね.子育てはまだ続いていますから,来週もまた幼鳥撮れるかな?

イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2448x1632)
イワツバメ; EOS-1D Mark IV, APO-TELYT-R 280mm F4, APO-EXTENDER-R 1.4x; MF, ME: 1/3200s, f/5.6, ISO640; トリミング(4896x3264→2448x1632)

イワツバメ 撮影12週目” への2件のコメント

  1. おはようございます。

    まさに弘法、筆を選ばずですね。
    いつもながらお見事です。

    APO-TELYT-R 280mm F4の描写は
    ヨンニッパとはまた別の柔らかさがありますね。
    ワラを運ぶシーンは、私も先日みました。
    最初は何が飛んでいるんだろうと思いました。次回、チャンスがあれば挑戦したいと思います。

    • どうもありがとうございます.
      でも,レンズは思いっきり選んでいるつもりですよ.
      APO-TELYT-R 280mm F4 (+1.4x)はサンヨン〜ヨンゴーロクとしては少し重いですが,MF撮影用としてはベストだと思います.ライカレンズとしては癖が弱い方なので,その分使いやすくなっているようです.柔らかく感じるのは,シャッタスピードが遅めなことも影響しているでしょうね.

      巣材運びは巣立ち直前でもやっていて,傷んだ巣も土で修復しているようですね.今の時期は昆虫の種類が多く,面白い虫運びシーンが撮れる可能性もありますよ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.